2008年02月18日

飯山の降り

先日から3日ほど降り続いた雪はお祭りも終わったかまくらを3分の1ほども埋めてしまうほどの降雪になりました。もともと地元飯山で生まれ育った人が降り続く雪を見て「これが飯山の降りだよ岡君」とうれしそうにつぶやきました。みるみるうちに降り積もる雪は車の屋根を高くして辺り白い世界に変えて生きます。なにもない田んぼを見ていると砂漠はこんなかんじかなぁ?と思うほどの風のあとと不規則な起伏です。だいたい一日で40cmから多いところではその倍ぐらいは振りました。先日左官はかまくらの周りの雪かきをしていました。そうなんです、昨日のすごい吹雪の中かまくらを見学に来たり、鎌倉の中で鍋を食べたりとまだまだかまくらに足を運んでくれる人が後を絶たないんです。なんともすごいパワーです見ているこっちが寒くなります。すごい。昨日はほんとによく雪かきをしました。雪上車の上には身長178の僕の腰ぐらまでの雪がのっていました。完全に移動可能なマッシュのようでもったいないとも思いましたが雪かきしてしまいました。といいますか雪かきしているそばからうっすら積もってくるのです。これは大変なことになってしまうぞ!と思い勢いに任せて2時間も雪かきしてました。ですが嬉しい事にステージ1、2と積雪は前回計測した時点で265cmを超えていたので300cmにはなったかも?!ことしは平年並みに降っていると地元の人は言っていました。最近は大雪だったり、暖冬だったりと「平年並み」と言う言葉がよく分からなくなってしまっているけど。しかしよく降るわぁ。
posted by 土 at 09:59| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。