2007年11月27日

昨日の現場

毎日庭の手入れに行くといろんなおじいちゃん、おばあちゃんと話をする機会が多い。昔の人はなんせ強い。朝から日の沈むまでもう80歳ぐらいのおばあちゃんが炎天下のなか真南に面した畑で草を抜いたり火をたいたりしている。しかも毎日なんかしらしている。昨日のおばあちゃんはすごかった、「わしらわけーときはよく山いってやにくったもんだ」と話始めた。「ん?おばあちゃんどういう意味」と聞くと、「昔の兵隊さんの真似して杉のヤニを集めてなぁ、食べたもんだヨ。少しガム混ぜるとそりゃそりゃよく伸びて友達とお互い交換っこしたりして、物のない世の中だったからねぇ」と昔を思い出しながら大笑いで話す。帰るときには柿とヤーコンを新聞紙にくるんで渡してくれる。毎日ほんとにたくましい日本人を勉強させてもらってるきがするなぁ。高齢者の経験と知恵はほんとにすごいと思う、良くみてると「なるほどね」の連発である。皆様「生きる教科書」と思い、お年寄りを大事にしましょう。
posted by 土 at 20:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。