2008年07月23日

中学生

本日、左官と庭師は黒岩山にて中学生の登山&カヌーのガイドをしてまいりました。先日のバケツをひっくり返したような夕立のおかげで山道は朝からムシムシムシムシの汗だくだく登山です。案の定、中学生達は歩き始めた頃は元気元気のハイテンションでしたが、時間がたち登山道の斜度も若干急になり始める頃には誰もしゃべらず僕達がはなしかけてもほとんど無視状態。「後どれくらい?」「帰りたい」などなど。が、不思議なことに頂上付近になるとまたもや元気になり始める。なんとも不思議な子供パワーである。地元の民宿の方が用意してくれたきのこ汁とおにぎりで復活を成し遂げた彼らは後半戦のカヌーで大暴れのご様子でした。沈没寸前。全身ズクズクになった彼らは本日のメインである夕食BBQに期待をこめてはやばやとマイクロバスにて下山。が、昨日よりも激しい夕立に見舞われ中止となるのでありました。今日の中学生は東京から80人で来てました。ほんとに素直な良い子達でした。また会おう。
posted by 土 at 20:42| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。